HOME > ニュース > 嘉納治五郎師範 生誕祭を開催いたします

嘉納治五郎師範 生誕祭を開催いたします

20171011.jpg

  

 講道館では、講道館柔道の創始者であり、教育の父、日本オリンピックの父とも呼ばれた嘉納治五郎師範の生誕(万延元(1860)年10月28日)を記念し、『嘉納治五郎師範生誕祭』を開催いたします。

 

 嘉納師範は、日本の体育・スポーツの普及振興に尽力し、東洋初の国際オリンピック委員として、オリンピックの発展にも貢献しました。

今年 平成29年10月28日は、東京2020オリンピック競技大会の開催1000日前の記念の日にあたります。

  

 期間中、講道館では嘉納治五郎の貴重な資料や東京オリンピック関係資料などを公開、展示いたします。

 また、書道体験「嘉納師範の言葉を書こう!」では、嘉納師範の遺した代表的な言葉、書の臨書(お手本を見ながら字を書くこと)をして、その言葉の意味を知り、なぜ、どのような考えでその言葉を遺されたのかを皆で考え、嘉納師範に触れる時間を持ちたいと思います。

 その他、「肩車」Dayや親子柔道教室、プレゼントがもらえるクイズスタンプラリー、「スポーツ科学で学ぶ柔道」と題したモーションキャプチャー体験など、添付のような催し物を企画しています。

 また、10月28日はオリンピック1000日前の記念イベントを文京区と共催で開催します。「嘉納治五郎師範とオリンピック」と題したシンポジウムを文京シビックセンターで催しますので、ぜひお越しください。

 10月25日から28日の期間中、来館してアンケートに答えて頂いた方にはもれなく講道館オリジナルボールペンを配布いたします。

 

嘉納治五郎師範生誕祭 

期日:10月25日(水)から28日(土)

場所:講道館(28日のシンポジウムは文京シビックセンター地下2階広場)

内容:「肩車」Day、クイズスタンプラリー、サワ☆博士の「数楽たいそう」、やわらちゃん教室、親子柔道教室、書道体験「嘉納師範の言葉を書こう!」、柔道映像の上映、師範のイノベーション段位制度の解説、「スポーツで学ぶ柔道(モーションキャプチャー体験)」、「師範ゆかりの地を訪ねて」(千葉県我孫子市の紹介)など

  

講道館シンポジウム(講道館・文京区 共催)

日時:10月28日(土)15時‐16時

場所:文京シビックセンター地下2階広場

    (東京都文京区春日1-16-21)

タイトル:「嘉納治五郎師範とオリンピック」

パネリスト:中谷雄英 氏(オリンピック柔道史上初の金メダリスト

             1964年東京オリンピック軽量級)

      近藤亜美選手(2016年リオオリンピック48kg級 銅メダリスト)

      真田久 氏(筑波大学 体育専門学群長)

      司会:村田直樹 氏(講道館 図書資料部長)

参加:無料、申込不要(当日直接会場にお越しください)

  

嘉納治五郎師範生誕祭のご案内

 

【各イベント詳細】

講道館シンポジウム「嘉納治五郎師範と東京オリンピック」

親子柔道教室

「肩車Day」と「スポーツ科学で学ぶ柔道(モーションキャプチャー)」のご案内

「師範ゆかりの地を訪ねて」千葉県我孫子市

  

諸事情によりイベント内容が変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください

最新記事

月別アーカイブ