HOME > 嘉納治五郎師範の教え > 年表

年表

西暦年号日付内容
1860万延元年10月28日嘉納治五郎師範、摂津国莵原郡御影村浜東(現・兵庫県神戸市東灘区)に幕府海軍官材課長・嘉納次郎作希芝の三男として生まれる。幼名・伸之助
1877明治10年嘉納師範、天神真楊流の福田八之助に入門
1879明治12年嘉納師範、天神真楊流の磯正智に入門
1881明治14年嘉納師範、起倒流の飯久保恒年に入門
1882明治15年2月嘉納師範、下谷北稲荷町永昌寺に嘉納塾創立
1882明治15年5月嘉納師範、下谷北稲荷町永昌寺に講道館創立
1883明治16年2月講道館、神田区南神保町(現・千代田区)に移転
1883明治16年9月講道館、麹町区上二番町(現・千代田区)に移転
1884明治17年入門誓文帳が作成される。また、鏡開式・寒稽古・月次勝負・紅白勝負などの諸行事が始められる
1886明治19年2月講道館、麹町区富士見町(現・千代田区)に移転
1887明治20年10月富田常次郎、伊豆韮山に講道館韮山分場を設置する
1887明治20年柔の形・固の形が制定される
1888明治21年9月江田島の海軍兵学校内に講道館江田島分場(第一分場)を設置する
1889明治22年3月講道館、本郷区真砂町(現・文京区)に移転
1889明治22年4月麹町区上二番町に麹町分場を設置する
1889明治22年5月11日嘉納師範、大日本教育会常集会にて「柔道一班並ニ其教育上ノ価値」と題して講演を行う
1889明治22年9月13日嘉納師範、渡欧に際し、嘉納塾生らに「嘉納先生遺訓」と題した講義を行う
1889明治22年10月宗像逸郎、京都に講道館京都分場を設置する
1891明治24年講道館、麹町区上二番町(現・千代田区)に移転
1893明治26年2月有馬純臣、熊本市内に熊本講道館(分場)を設置する
1893明治26年12月講道館、小石川区下富坂町(現・文京区)に移転
1894明治27年5月20日講道館大道場落成式
1894明治27年3月21日講道館入門規則・修行者心得改正
1894明治27年3月講道館評議員会設置
1895明治28年五教の技が制定される
1897明治30年7月15日初めて暑中稽古を行う
1898明治31年8月造士会を創立
1898明治31年10月『国士』発刊
1900明治32年「武徳会柔術試合審判規程」が制定される
1900明治33年「講道館柔道乱捕試合審判規程」が制定される
1900明治33年7月1日講道館有段者会・講道館研究会創立
1903明治36年3月清国留学生のために講道館牛込分場を設置する
1903明治36年12月『国士』発行中止
1906明治39年11月11日下富坂道場改築竣工
1907明治40年3月23日下富坂道場落成式挙行。弓道場は大塚坂下町へ移築され開運坂道場と名付けられる
1908明治41年7月15日稽古衣が改良され、今後袖の長いものを用いることが定められた
1908明治41年7月26日静岡市内の義正館、開館式を挙行する
1908明治41年10月17日義正館、講道館静岡分場義正館と命名される
1908明治41年11月『講道館柔道教師会々報』発刊
1909明治42年嘉納師範、東洋人初の国際オリンピック委員(I.O.C)となる
1909明治42年5月3日講道館、財団法人となる
1911明治44年3月1日初心者の帯、今般初心者に限り淡藍色の帯を用いる事と定める。初心者と認めた者には本館より帯を貸与する
1911明治44年4月14日講道館、柔道教員養成所を創設する
1912明治45年6月1日大木圓治、旅順分場を設置する(誓文簿を嘉納師範より託され、分場扱いとなる)
1915大正4年1月『柔道』発刊
1916大正5年9月「講道館柔道乱捕試合審判程」改正
1917大正6年11月京城(現・ソウル)に講道館朝鮮支部を設置する
1918大正7年8月11日札幌に講道館札幌分場を設置する
1919大正8年1月『柔道』を『有効の活動』と改題する
1919大正8年11月嘉納師範が揮毫した「講道館」の額が完成する
1920大正9年6月5日「講道館段級規呈」を発表する
1920大正9年「五教の技」改正
1922大正11年1月1日講道館文化会創立。有段者会創立
1922大正11年4月『有効の活動』を廃刊し、新たに『大勢』と『柔道界』の二雑誌を発刊することとなる
1922大正11年10月『大勢』と『柔道界』を廃刊し、『柔道』を発刊
1923大正12年7月12日嘉納師範、本田存を講道館女子部主任とすることを決定する
1924大正13年1月『柔道』を『作興』に改題する
1924大正13年6月「講道館柔道審判規程」改正
1925大正14年8月「講道館柔道乱捕試合審判規程」改正
1926大正15年11月9日開運坂道場にて、女子部授業を開始する
1928昭和3年5月4日開運坂道場にて、棒術の稽古を開始する
1930昭和5年4月1日従来刊行の『作興』とならび『柔道』を発刊
1930昭和5年11月15日16日まで、第1回全日本柔道選士権大会開催
1931昭和6年10月24日25日まで、第2回全日本柔道選士権大会
1931昭和6年11月講道館女子部に誓文帳が作成される
1932昭和7年5月10日下富坂道場にて、レスリング練習開始
1932昭和7年11月19日20日まで、第3回全日本柔道選士権大会
1933昭和8年12月30日講道館、小石川区小石川町1番地(現・文京区)に移転
1934昭和9年1月8日この年1月より正式に女子部を設け、新館女子部専用道場にて稽古開始
1934昭和9年3月21日水道橋講道館新館落成式
1934昭和9年11月23日講道館創立50年記念祭挙行
1934昭和9年11月25日第4回全日本柔道選手権大会
1935昭和10年10月26日27日まで、第5回全日本柔道選士権大会
1936昭和11年11月22日23日まで、第6回全日本柔道選士権大会
1937昭和12年7月29日30日まで、嘉納師範海外旅行記念品展覧会開催
1937昭和12年10月23日24日まで、第7回全日本柔道選士権大会
1938昭和13年3月12日嘉納師範、国際オリンピック委員会にて第12回オリンピック大会の東京招致に成功する
1938昭和13年5月4日嘉納師範、氷川丸船上にて肺炎により御逝去
1938昭和13年10月16日17日まで、第8回全日本柔道選士権大会
1938昭和13年12月18日南郷次郎氏、第2代講道館長に就任
1938昭和13年12月25日南郷次郎氏講道館長就任式挙行
1938昭和13年文化会中止に至り『作興』の発行を取り止め、本館機関紙雑誌として『柔道』を引続き発行することとなる
1939昭和14年10月21日22日まで、第9回全日本柔道選士権大会
1940昭和15年4月1日本館所在の町名変更→東京市小石川区春日町1丁目1番地
1941昭和16年3月21日「講道館柔道試合審判規程」改正
1941昭和16年4月5日6日まで、第10回全日本柔道選士権大会
1943昭和18年1月10日本館段級規則による帯の色分を改正する
1946昭和21年11月22日嘉納履正氏、第3代講道館長に就任
1946昭和21年12月4日新旧館長退就任式挙行
1948昭和23年5月2日戦後第1回全日本柔道選手権大会開催
1949昭和24年5月5日日本橋仮設国技館にて、全日本柔道選手権大会
1950昭和25年5月5日芝スポーツセンターにて、全日本柔道選手権大会
1951昭和26年3月26日「講道館柔道試合審判規程」改正
1951昭和26年5月5日両国メモリアルホールにて、全日本柔道選手権大会
1952昭和27年5月18日両国メモリアルホールにて、全日本柔道選手権大会
1953昭和28年3月24日水道橋講道館3階に女子部道場が改修され、36畳から48畳になる
1953昭和28年5月5日両国国技館にて、全日本柔道選手権大会
1954昭和29年5月5日両国国技館にて、全日本柔道選手権大会
1955昭和30年5月5日蔵前国技館にて、全日本柔道選手権大会
1955昭和30年5月6日「講道館柔道試合審判規程」改正
1956昭和31年5月3日蔵前国技館にて、第1回世界柔道選手権大会開催
1956昭和31年講道館護身術制定
1957昭和32年5月5日蔵前国技館にて、全日本柔道選手権大会
1957昭和32年5月6日「講道館柔道試合審判規程」改正
1957昭和32年5月6日講道館審議会規則「昇段基準に関する内規」制定
1957昭和32年8月1日「講道館昇段資格に関する内規」制定
1958昭和33年3月25日講道館、春日町(現在地)に移転。落成式挙行
1958昭和33年5月5日東京体育館にて、全日本柔道選手権大会
1958昭和33年11月30日東京体育館にて、世界柔道選手権大会
1959昭和34年5月5日都体育館にて、全日本柔道選手権大会
1959昭和34年5月6日「講道館昇段資格に関する内規」改正
1960昭和35年4月30日5月1日まで、東京体育館にて全日本柔道選手権大会
1960昭和35年8月22日第57回国際オリンピック委員会総会にて、柔道が正式種目に加えられる
1960昭和35年9月1日「講道館昇段資格に関する内規」改正
1960昭和35年10月29日嘉納師範生誕百年記念並びに銅像除幕式挙行
1961昭和36年4月29日30日まで、東京体育館にて全日本柔道選手権大会
1961昭和36年12月2日パリ・クーベルタン体育館にて、世界柔道選手権大会
1962昭和37年4月28日29日まで、東京体育館にて全日本柔道選手権大会
1962昭和37年11月17日講道館創立80周年記念式挙行
1963昭和38年1月「講道館柔道衣規格」改正
1963昭和38年4月28日29日まで、東京体育館にて全日本柔道選手権大会
1963昭和38年10月18日IOC総会にて、オリンピック・メキシコ大会実施種目から柔道を除くことに決定する
1964昭和39年4月25日26日まで、東京体育館にて全日本柔道選手権大会
1964昭和39年10月10日第18回オリンピック・東京大会開催。国立競技場正門前広場にて、日本体育協会初代会長嘉納治五郎師範のレリーフ除幕式挙行
1964昭和39年10月20日23日まで、日本武道館にてオリンピック柔道競技挙行
1965昭和40年5月1日2日まで、全日本柔道選手権大会(以後、会場は日本武道館)
1965昭和40年10月1日「講道館昇段資格に関する内規」改正
1965昭和40年10月14日17日まで、リオデジャネイロにて世界柔道選手権大会
1966昭和41年3月10日「講道館柔道試合審判規定」改正
1966昭和41年4月30日5月1日まで、全日本柔道選手権大会
1966昭和41年6月「講道館柔道衣規格」改正
1967昭和42年4月29日30日まで、全日本柔道選手権大会
1967昭和42年8月9日12日まで、ソルトレークにて世界柔道選手権大会
1968昭和43年4月28日29日まで、全日本柔道選手権大会
1968昭和43年5月1日「講道館柔道試合審判規定」改正
1968昭和43年10月9日永昌寺にて、講道館柔道発祥之地記念碑除幕式挙行
1969昭和44年4月27日全日本柔道選手権大会
1969昭和44年10月23日25日まで、メキシコにて世界柔道選手権大会
1970昭和45年4月29日全日本柔道選手権大会
1971昭和46年4月29日全日本柔道選手権大会
1971昭和46年9月2日西ドイツのルドウィグスハーフェン市にて、世界柔道選手権大会
1972昭和47年4月29日全日本柔道選手権大会
1972昭和47年8月31日9月5日まで、第20回オリンピック・ミュンヘン大会柔道競技開催
1972昭和47年11月25日講道館本館創立90周年記念式典挙行
1973昭和48年4月29日全日本柔道選手権大会
1973昭和48年6月22日24日まで、スイス・ローザンヌ・スポーツ館にて世界柔道選手権大会
1974昭和49年5月5日全日本柔道選手権大会
1975昭和50年4月29日全日本柔道選手権大会
1975昭和50年10月23日ウィーンにて、世界柔道選手権大会
1976昭和51年4月29日全日本柔道選手権大会
1976昭和51年7月26日31日まで、第21回オリンピック・モントリオール大会柔道競技開催
1977昭和52年4月29日全日本柔道選手権大会
1977昭和52年9月21日24日まで、スペインで開催予定だった世界柔道選手権大会は国際事情によって急遽中止となる
1977昭和52年12月1日「講道館女子柔道昇段資格に関する内規」制定
1978昭和53年4月29日全日本柔道選手権大会
1978昭和53年7月28日講道館にて、第1回全日本女子柔道選手権大会開催
1978昭和53年11月23日26日まで、日本武道館にて第1回嘉納治五郎杯国際柔道大会開催
1979昭和54年4月29日全日本柔道選手権大会
1979昭和54年7月27日講道館にて、第2回全日本女子柔道選手権大会
1979昭和54年12月6日パリにて、世界柔道選手権大会
1980昭和55年2月1日嘉納行光氏、第4代講道館長に就任
1980昭和55年4月29日全日本柔道選手権大会
1980昭和55年7月27日8月2日まで、第22回オリンピック・モスクワ大会柔道競技開催
1980昭和55年11月29日30日まで、ニューヨークにて第1回世界女子柔道選手権大会開催
1981昭和56年4月29日全日本柔道選手権大会
1981昭和56年5月24日全日本女子柔道選手権大会
1981昭和56年9月3日6日まで、オランダにて世界柔道選手権大会
1982昭和57年4月29日全日本柔道選手権大会
1982昭和57年9月12日全日本女子柔道選手権大会
1982昭和57年11月11日14日まで、第2回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1982昭和57年12月4日5日まで、パリにて第2回世界女子柔道選手権大会
1983昭和58年4月29日全日本柔道選手権大会
1983昭和58年5月2日男女共に「講道館昇段資格に関する内規」改正
1983昭和58年9月11日早稲田大学体育館柔道場にて、第6回全日本女子柔道選手権大会
1983昭和58年10月13日16日まで、モスクワにて世界柔道選手権大会
1983昭和58年12月10日11日まで、福岡国際柔道センターにて第1回福岡国際女子柔道選手権大会開催
1984昭和59年4月27日新道場にて、講道館創立百周年記念式典ならびに講道館国際柔道センター竣工式挙行
1984昭和59年4月29日全日本柔道選手権大会
1984昭和59年8月4日11日まで、第23回オリンピック・ロサンゼルス大会柔道競技開催
1984昭和59年9月9日全日本女子柔道選手権大会
1984昭和59年11月10日11日まで、ウイーンにて第3回世界女子柔道選手権大会
1984昭和59年12月8日9日まで、第2回福岡国際女子柔道選手権大会
1985昭和60年4月7日講道館杯全国柔道体重別選手権大会開催
1985昭和60年4月29日全日本柔道選手権大会
1985昭和60年7月1日「講道館柔道試合審判規定」改正
1985昭和60年8月24日"岡山県武道館にて、第1回女子柔道団体優勝大会開催 ※都道府県対抗全日本女子柔道大会の前身"
1985昭和60年9月26日29日まで、ソウルにて世界柔道選手権大会
1985昭和60年12月7日8日まで、第3回福岡国際女子柔道選手権大会
1986昭和61年3月2日愛知県体育館にて、第1回全日本女子柔道選手権大会開催
1986昭和61年4月6日講道館杯全国柔道体重別選手権大会
1986昭和61年4月29日全日本柔道選手権大会
1986昭和61年7月20日"岡山県武道館にて、第2回全日本女子柔道団体優勝大会 ※「女子柔道団体優勝大会」より改称される"
1986昭和61年10月24日26日まで、マーストリヒトにて第4回世界女子柔道選手権大会
1986昭和61年10月31日11月2日まで、日本武道館にて第3回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1986昭和61年12月13日14日まで、第4回福岡国際女子柔道選手権大会
1987昭和62年4月5日講道館杯全国柔道体重別選手権大会
1987昭和62年4月19日第2回全日本女子柔道選手権大会
1987昭和62年4月29日全日本柔道選手権大会
1987昭和62年6月21日第3回全日本女子柔道団体優勝大会
1987昭和62年11月19日22日まで、エッセンにて世界柔道選手権大会
1987昭和62年12月12日※この年から男女同時開催になる
1988昭和63年4月3日講道館杯全国柔道体重別選手権大会
1988昭和63年4月17日第3回全日本女子柔道選手権大会
1988昭和63年4月28日嘉納治五郎師範50年祭挙行
1988昭和63年4月29日全日本柔道選手権大会
1988昭和63年6月18日19日まで、第4回全日本女子柔道団体優勝大会
1988昭和63年9月25日10月1日まで、第24回オリンピック・ソウル大会柔道競技開催
1988昭和63年12月10日11日まで、第6回福岡国際女子柔道選手権大会
1989平成元年4月2日講道館杯全国柔道体重別選手権大会
1989平成元年4月16日第4回全日本女子柔道選手権大会
1989平成元年4月29日全日本柔道選手権大会
1989平成元年5月1日「講道館柔道試合審判規定」改正
1989平成元年6月17日18日まで、第5回全日本女子柔道団体優勝大会
1989平成元年10月10日15日まで、ベオグラードにて世界柔道選手権大会
1989平成元年12月9日10日まで、第7回福岡国際女子柔道選手権大会
1990平成2年4月8日東京武道館にて、講道館杯争奪日本柔道体重別選手権大会
1990平成2年4月22日第5回全日本女子柔道選手権大会
1990平成2年4月29日全日本柔道選手権大会
1990平成2年6月16日17日まで、第6回全日本女子柔道団体優勝大会
1990平成2年11月30日12月2日まで、日本武道館にて第4回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1990平成2年12月8日9日まで、福岡国際女子柔道選手権大会
1991平成3年4月7日東京体育館にて、講道館杯争奪日本柔道体重別選手権大会
1991平成3年4月14日第6回全日本女子柔道選手権大会
1991平成3年4月29日全日本柔道選手権大会
1991平成3年6月22日23日まで、第7回全日本女子柔道団体優勝大会
1991平成3年7月25日28日まで、バルセロナにて世界柔道選手権大会
1991平成3年12月7日8日まで、福岡国際女子柔道選手権大会
1992平成4 年4月1日「講道館女子柔道昇段資格に関する内規」改正
1992平成4年4月5日警視庁武道館にて、講道館杯争奪日本柔道体重別選手権大会
1992平成4年4月19日第7回全日本女子柔道選手権大会
1992平成4年4月28日講道館創立100周年記念式典挙行
1992平成4年4月29日全日本柔道選手権大会
1992平成4年6月20日21日まで、第8回全日本女子柔道団体優勝大会
1992平成4年7月22日8月2日まで、第25回オリンピック・バルセロナ大会柔道競技開催
1992平成4年11月28日29日まで、第5回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1992平成4年12月12日13日まで、第10回福岡国際女子柔道選手権大会
1993平成5年4月1日「講道館段級位の帯に関する内規」改正
1993平成5年4月4日警視庁武道館にて、講道館杯争奪日本柔道体重別選手権大会
1993平成5年4月18日第8回全日本女子柔道選手権大会
1993平成5年4月29日全日本柔道選手権大会
1993平成5年6月19日20日まで、第9回全日本女子柔道団体優勝大会
1993平成5年12月11日12日まで、第11回福岡国際女子柔道選手権大会
1993平成5年9月30日10月3日まで、ハミルトンにて世界柔道選手権大会
1994平成6年4月3日警視庁武道館にて、講道館杯争奪日本柔道体重別選手権大会
1994平成6年4月17日第9回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
1994平成6年4月29日全日本柔道選手権大会
1994平成6年6月18日19日まで、第10回全日本女子柔道団体優勝大会
1994平成6年11月25日27日まで、幕張メッセイベントホールにて第6回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1994平成6年12月10日11日まで、第11回福岡国際女子柔道選手権大会
1994平成6年12月23日平成6年度2回目の講道館杯、日本柔道体重別選手権大会開催
1995平成7年4月1日講道館大阪国際柔道センターを開設する
1995平成7年4月1日「講道館段級位の帯に関する内規」改正
1995平成7年4月16日第10回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
1995平成7年4月29日全日本柔道選手権大会
1995平成7年6月17日18日まで、第11回全日本女子柔道団体優勝大会
1995平成7年9月28日10月1日まで、千葉県幕張にて世界柔道選手権大会
1995平成7年10月27日「講道館柔道試合審判規定」改正
1995平成7年10月29日秋田市立体育館にて、全国女子柔道体重別選手権大会開催
1995平成7年12月9日10日まで、第13回福岡国際女子柔道選手権大会
1995平成7年12月22日23日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
1996平成8年4月14日第11回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
1996平成8年4月29日全日本柔道選手権大会
1996平成8年6月15日16日まで、第12回全日本女子柔道団体優勝大会
1996平成8年7月20日26日まで、第26回オリンピック・アトランタ大会柔道競技開催
1996平成8年10月27日秋田にて、全国女子柔道体重別選手権大会
1996平成8年11月22日24日まで、東京体育館にて第7回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1996平成8年12月7日8日まで、第14回福岡国際女子柔道選手権大会
1996平成8年12月21日22日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
1997平成9年4月13日第12回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
1997平成9年4月29日全日本柔道選手権大会
1997平成9年6月14日"15日まで、岡山県武道館にて都道府県対抗第13回全日本女子柔道大会 ※「全日本女子柔道大会」より改称される"
1997平成9年9月27日講道館にて、第1回全日本柔道形競技大会開催
1997平成9年10月9日12日まで、パリにて世界柔道選手権大会
1997平成9年11月16日秋田にて、全国女子柔道体重別選手権大会
1997平成9年12月6日7日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
1997平成9年12月13日14日まで、第15回福岡国際女子柔道選手権大会
1998平成10年4月19日第13回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
1998平成10年4月28日嘉納師範没後60年祭挙行
1998平成10年4月29日全日本柔道選手権大会
1998平成10年6月13日14日まで、都道府県対抗第14回全日本女子柔道大会
1998平成10年9月27日第2回全日本柔道形競技大会
1998平成10年11月15日日本武道館にて、全国女子柔道体重別選手権大会
1998平成10年11月28日29日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
1999平成11年1月9日10日まで、日本武道館にて第8回嘉納治五郎杯国際柔道大会
1999平成11年1月16日17日まで、第16回福岡国際女子柔道選手権大会
1999平成11年4月18日第14回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
1999平成11年4月29日全日本柔道選手権大会
1999平成11年6月14日「講道館昇段資格に関する内規」改正
1999平成11年6月19日20日まで、都道府県対抗第15回全日本女子柔道大会
1999平成11年9月26日第3回全日本柔道形競技大会
1999平成11年10月7日10日まで、バーミンガムにて世界柔道選手権大会(男子21回/女子11回)
1999平成11年11月23日日本武道館にて、全国女子柔道体重別選手権大会
1999平成11年11月27日28日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
1999平成11年12月11日12日まで、第17回福岡国際女子柔道選手権大会
2000平成12年1月12日「講道館柔道試合審判規定」改正
2000平成12年4月23日第15回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2000平成12年4月29日全日本柔道選手権大会
2000平成12年5月11日「講道館女子柔道昇段資格に関する内規」改正
2000平成12年6月17日18日まで、都道府県対抗第16回全日本女子柔道大会
2000平成12年9月16日22日まで、第27回オリンピック・シドニー大会柔道競技開催
2000平成12年10月1日第4回全日本柔道形競技大会
2000平成12年11月18日日本武道館にて、全国女子柔道体重別選手権大会
2000平成12年11月25日26日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
2000平成12年12月9日10日まで、第18回福岡国際女子柔道選手権大会
2001平成13年1月14日第9回嘉納治五郎杯国際柔道大会
2001平成13年4月22日第16回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2001平成13年4月29日全日本柔道選手権大会
2001平成13年6月16日17日まで、都道府県対抗第17回全日本女子柔道大会
2001平成13年7月26日29日まで、ドイツ・ミュンヘン・オリンピアホールにて世界柔道選手権大会
2001平成13年9月30日第5回全日本柔道形競技大会
2001平成13年11月18日日本武道館にて、全国女子柔道体重別選手権大会
2001平成13年11月24日25日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
2001平成13年12月8日9日まで、第19回福岡国際女子柔道選手権大会
2002平成14年4月1日柔道ルネッサンス活動本格開始
2002平成14年4月21日第17回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2002平成14年4月28日講道館創立120周年式典挙行
2002平成14年4月29日全日本柔道選手権大会
2002平成14年6月15日16日まで、都道府県対抗第18回全日本女子柔道大会
2002平成14年10月13日第6回全日本柔道形競技大会
2002平成14年11月16日日本武道館にて、全国女子柔道体重別選手権大会
2002平成14年11月23日24日まで、講道館杯日本柔道体重別選手権大会
2002平成14年12月7日8日まで、第20回福岡国際女子柔道選手権大会
2003平成15年1月11日12日まで、第10回嘉納治五郎杯国際柔道大会
2003平成15年4月20日第18回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2003平成15年4月29日全日本柔道選手権大会
2003平成15年6月14日15日まで、都道府県対抗第19回全日本女子柔道大会
2003平成15年9月11日14日まで、大阪城ホールにて世界柔道選手権大会
2003平成15年10月19日第7回全日本柔道形競技大会
2003平成15年11月15日"16日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 ※この年から男女とも開催になる。"
2003平成15年12月13日14日まで、第21回福岡国際女子柔道選手権大会
2004平成16年4月18日第19回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2004平成16年4月29日全日本柔道選手権大会
2004平成16年6月19日20日まで、都道府県対抗第20回全日本女子柔道大会
2004平成16年8月14日20日まで、第28回オリンピック・アテネ大会柔道競技開催
2004平成16年10月17日第8回全日本柔道形競技大会
2004平成16年11月20日21日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2004平成16年12月11日12日まで、第22回福岡国際女子柔道選手権大会
2005平成17年1月9日第11回嘉納治五郎杯国際柔道大会
2005平成17年4月1日「講道館昇段資格に関する内規」改正
2005平成17年4月17日第20回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2005平成17年4月29日全日本柔道選手権大会
2005平成17年6月18日19日まで、都道府県対抗第21回全日本女子柔道大会
2005平成17年9月8日11日まで、エジプト・カイロにて世界柔道選手権大会
2005平成17年10月16日第9回全日本柔道形競技大会
2005平成17年11月19日20日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2005平成17年12月10日11日まで、第23回福岡国際女子柔道選手権大会
2006平成18年1月14日15日まで、第12回嘉納治五郎杯国際柔道大会
2006平成18年4月23日第21回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2006平成18年4月29日全日本柔道選手権大会
2006平成18年6月17日18日まで、都道府県対抗第22回全日本女子柔道大会
2006平成18年10月22日第10回全日本柔道形競技大会
2006平成18年11月18日19日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2006平成18年12月16日17日まで、第24回福岡国際女子柔道選手権大会
2007平成19年4月1日「講道館女子柔道昇段資格に関する内規」改正
2007平成19年4月22日第22回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2007平成19年4月29日全日本柔道選手権大会
2007平成19年6月16日17日まで、都道府県対抗第23回全日本女子柔道大会
2007平成19年9月13日16日まで、ブラジル・マルチューズ・アリーナにて第25回世界柔道選手権大会
2007平成19年10月27日28日まで、第1回講道館柔道形国際競技大会開催
2007平成19年11月17日18日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2007平成19年12月7日9日まで、嘉納治五郎杯東京国際柔道大会2007ワールドグランプリ開催
2008平成20年4月20日第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2008平成20年4月28日嘉納治五郎師範没後70年祭式典挙行
2008平成20年4月29日全日本柔道選手権大会
2008平成20年6月13日15日まで、都道府県対抗第24回全日本女子柔道大会
2008平成20年8月1日男女共に「講道館昇段資格に関する内規」改正
2008平成20年8月9日15日まで、第29回オリンピック・北京大会柔道競技開催
2008平成20年10月26日全日本柔道形競技大会
2008平成20年11月15日16日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2008平成20年12月12日14日まで、東京体育館にて嘉納治五郎杯東京国際柔道大会2008グランプリ
2008平成20年12月20日21日まで、フランス・ルバロワにて世界無差別柔道選手権大会開催
2009平成21年4月1日上村春樹氏、第5代講道館長に就任。嘉納行光前館長は名誉館長に就任。
2009平成21年4月19日第24回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2009平成21年4月29日全日本柔道選手権大会
2009平成21年6月20日21日まで、都道府県対抗第25回全日本女子柔道大会
2009平成21年8月26日30日まで、オランダ・ロッテルダムにて世界柔道選手権大会
2009平成21年10月25日全日本柔道形競技大会
2009平成21年11月14日講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2010平成22年4月1日「講道館女子柔道昇段資格に関する内規」改正
2010平成22年4月18日第25回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2010平成22年4月29日全日本柔道選手権大会
2010平成22年9月9日13日まで、東京・代々木第一体育館にて世界柔道選手権大会
2010平成22年10月31日全日本柔道形競技大会
2010平成22年11月20日講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2011平成23年3月11日東日本大震災に際し、帰宅困難者に講道館道場を開放する
2011平成23年4月17日第26回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2011平成23年4月29日全日本柔道選手権大会
2011平成23年8月23日28日まで、フランス・パリにて世界柔道選手権大会
2011平成23年10月23日全日本柔道形競技大会
2011平成23年10月29日30日まで、ロシア・チェメニにて世界無差別柔道選手権大会
2011平成23年11月12日13日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2012平成24年4月1日講道館、公益財団法人へ移行
2012平成24年4月15日第27回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2012平成24年4月28日講道館創立130周年記念式典・祝賀会挙行
2012平成24年4月29日全日本柔道選手権大会
2012平成24年7月28日8月3日まで、第30回オリンピック・ロンドン大会柔道競技開催
2012平成24年10月21日全日本柔道形競技大会
2012平成24年11月10日11日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2013平成25年4月21日第28回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2013平成25年4月29日全日本柔道選手権大会
2013平成25年8月26日9月1日まで、ブラジル・リオデジャネイロにて世界柔道選手権大会
2013平成25年9月23日全日本柔道形競技大会
2013平成25年11月9日10日まで、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
2014平成26年4月20日第29回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
2014平成26年4月29日全日本柔道選手権大会
2014平成26年8月25日31日まで、ロシア・チェリャビンスクにて世界柔道選手権大会