HOME > ニュース > 講道館所蔵の嘉納師範筆 「精力善用」の書が、安倍首相からプーチン大統領へ贈られました

講道館所蔵の嘉納師範筆 「精力善用」の書が、安倍首相からプーチン大統領へ贈られました

9月6-7日、ロシアのウラジオストクで行われた第3回東方経済フォーラムにおいて、

安倍晋三首相からプーチン大統領へ嘉納師範筆「精力善用」の書が贈られました。

 

urajioseiryokuzennyou1.JPG

嘉納師範筆「精力善用」書を真ん中に笑顔を見せる安倍首相(左)とプーチン大統領

 

この書は講道館で所蔵していたもので、号は帰一齋とあり、嘉納師範の最晩年、昭和13(1938)年4月ごろアメリカで書かれた貴重な直筆書です。

経済フォーラムに合わせて柔道大会「嘉納治五郎記念ウラジオストク日露ジュニア交流大会」が開催されることもあり、嘉納師範直筆の書がプーチン大統領に贈られる運びとなりました。

書かれた年代や帰一齋の号、精力善用などについて、安倍首相からプーチン大統領に詳しく説明を行いました。

 

urajioseiryokuzenyou2.JPG

 

urajioseiryokuzennyou3.JPG

 

seiryokuzennyou.JPG

 

最新記事

月別アーカイブ