HOME > 活動 > 柔道の研究 > 講道館柔道科学研究会

講道館柔道科学研究会

講道館柔道科学研究会1

1932(昭和7)、嘉納師範は講道館柔道の科学的研究を進める目的で柔道医事研究会を創設しました。1948(昭和23)年、同会は柔道科学研究会と改められました。また研究領域も医学中心の学術研究から、柔道を対象とした歴史、体力、技術、指導法、心理学に拡大しました。近年の事業は、隔年で研究集会(参加自由・無料)の開催と研究紀要の刊行を実施しています。

『講道館柔道科学研究会紀要』

講道館柔道科学研究会2

講道館柔道科学研究会3

※販売はしておりません

【号数・掲載論文数】
第16輯(2017) 13件
第15輯(2015) 14件
第14輯(2013) 17件
第13輯(2011) 17件
第12輯(2009) 18件
第11輯(2007) 15件
第10輯(2005) 16件
第9輯(2002) 17件
第8輯(1999) 13件
第7輯(1994) 18件
第6輯(1984) 13件
第5輯(1978) 11件
第4輯(1972) 15件
第3輯(1969) 14件
第2輯(1963) 11件
第1輯(1958) 9件