HOME > 活動 > 柔道の研究 > 講道館柔道科学研究会 > 第1輯(1958)

第1輯(1958)

柔道における「絞め」の生理学的研究
第1報綜合的研究
猪飼道夫、石河利寛、上田五雨、山川純子(東京大学)、豊田章、小川新吉、平井淳、勝村龍一、関哲司、南光彦、阿久津邦男(東京教育大学)、増田允、井上雄文、酒井敏夫(慈恵医大)、鈴木克也、守川勝(日本医科大学)、渡辺俊男(お茶の水女大)、松本芳三(講道館)
1-12
柔道における「絞め」の生理学的研究
第2報 X線像による心臓の観察
猪飼道夫(東京大学)、小川新吉、阿久津邦男(東京教育大学)、増田允(慈恵医大)、松本芳三(講道館)
13-21
柔道の「絞め」技の脳電図を主とした医学的研究
鈴木克也(日本医科大学)
23-46
柔道の運動力学的研究
猪飼道夫(東京大学)、松本芳三(東京教育大学)
47-58
柔道姿勢の反射学的考察
猪飼道夫(東京大学)
59-65
柔道の基本的投技に於けるエネルギー代謝
小川新吉、今田幸昭、阿久津邦男、吉野貞彦(東京教育大学)、杉本良一、関哲司(慈恵医大)
67-73
柔道の興味調査
前川峯雄、大滝忠夫、松本芳三(東京教育大学)
75-84
柔道の血圧に及ぼす影響
猪飼道夫(東京大学)
85-91
柔道による障害に就て
佐々龍雄(東京医科歯科大学)
93-96

<< 戻る