HOME > ニュース > 令和5年寒稽古がはじまりました

令和5年寒稽古がはじまりました

1月6日(金)、朝5時30分から

講道館では恒例の寒稽古が始まりました。

 

始め式全体.JPG

  

寒稽古は、一番寒い時期の寒い時間帯に稽古をすることで

心身の鍛練を図るという趣旨で行われているものです。

講道館が創立されてまもなく始まり、140年近く続く伝統行事のひとつです。

 

新型コロナウイルス感染症対策を徹底しつつ

今年も多くの修行者が早朝から汗を流しました。

 

3年振りに海外の修行者が.JPG

 

3年振りに海外からの修行者が参加できるようになり、

ニューカレドニア、ポーランドやオーストラリアなどから多数の申込みがありました。

 

寒稽古始め式

 

始め式、上村館長の挨拶.JPG

上村春樹講道館長の挨拶

  

点呼風景 指導員視点.JPG

点呼

  

学校講道館 寝技の指導.JPG  seiza海外修行者.JPG  

 

女子部 寝技の補強.JPG  全体で入念に受身を行う.JPG

稽古の様子

 

稽古後、1月8日(日)の鏡開式に向け、みんなで力を合わせて畳の敷き替えを行いました。

 

畳上げ.JPG  鏡開式のステージが完成.JPG

 

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

令和5年 講道館寒稽古は、

1月6日(金)から15日(日)、5時30分〜7時30分まで行われます。

遠方からの修行者も参加できます。

また寒稽古の様子は、8階見学席からご覧いただけます。

最新記事

月別アーカイブ