HOME > ニュース > 『講道館柔道科学研究会紀要』第18輯が発行されます

『講道館柔道科学研究会紀要』第18輯が発行されます

DSCN1285.jpg

 

 2021年3月31日、『講道館柔道科学研究会紀要』第18輯が発行されます。コロナ禍の中ですが、講道館柔道科学研究会、全国の柔道研究者のご協力により、予定通り上梓することができました。4月から当館HPにて公開予定です。どなたでも無料で閲覧することが可能ですので、ご一読いただければ幸いです。

 公開に先立ち、掲載論文のタイトルと執筆者を紹介いたします。

 

◇「精力善用国民体育」の目的とその意義に関する研究

 桐生 習作(講道館)

 

◇起倒流における名辞「柔道」の出現とその背景:直信流との関係に着目して

 中嶋 哲也(茨城大学)

 

◇大学女子柔道選手における足趾力とバランス能力、浮き趾および競技力との関係

 鈴木 くるみ(東京学芸大学大学院)

 松井 高光(帝京科学大学)

 久保田 浩史(東京学芸大学)

 

◇骨年齢からみた小学生柔道選手における除脂肪量発育の性差

 藤田 英二(鹿屋体育大学)

 野口 博之(福岡県柔道協会)

 松崎 守利(下関市立大学) ※(「崎」は大の部分が立のサキ)

 濱田 初幸(鹿屋体育大学)

 中村 勇(鹿屋体育大学)

 小澤 雄二(鹿屋体育大学)

 安河内 春彦(九州産業大学)

  

◇柔道競技者における肘関節疼痛者に対する背負投コーチング事例

 山本 幸紀(筑波大学大学院)

 平岡 拓晃(筑波大学)

 佐々木 健志(ALSOK綜合警備保障株式会社)

 

◇小学校低学年を対象とした体つくり運動における柔道遊び教材の検討

―発達段階に応じた運動技能の接続の観点から―

 與儀 幸朝(鹿児島大学)

 高橋 進(大東文化大学)

 木村 昌彦(横浜国立大学)

 眞喜志 慶治(講道館)

 當房 省吾(鹿児島大学教育学部附属小学校)

 

◇一流柔道選手における競技専門化の開始時期と期間の男女比較

 楢崎 教子(福岡教育大学)※(「崎」は大の部分が立のサキ)

 渡辺 涼子(金沢学院大学)

 

◇幼少年柔道選手を対象とした「受け身」のドリルゲームの実践:タブレットを用いた動画の有効性

 小澤 雄二(鹿屋体育大学)

 三嶋 恵理子(荒尾市立第三中学校)

 清田 公保(熊本高等専門学校)

 光田 隆哉(筑波大学大学院)

 中村 勇(鹿屋体育大学)

 濱田 初幸(鹿屋体育大学)

 石橋 剛士(熊本学園大学)

 大川 康隆(東海大学)

 坂本 道人(福岡大学)

 中原 一(福岡大学)

 

◇わが国の柔道指導場面における「体罰」および「暴力」の実態と特徴:日本人大学生と英語圏大学生との比較から

 川戸 湧也(仙台大学)

 南條 充寿(仙台大学)

 岩崎 卓(流通経済大学)

 山本 幸紀(筑波大学大学院)

 田中 康介(サンノゼ州立大学)

 

◇オランダ柔道指導者の柔道指導に対する基本理念に関する調査 - 子どもの指導を対象に -

 高橋 進(大東文化大学)

 野瀬 清喜(埼玉学園大学)

 木村 昌彦(横浜国立大学)

 中村 勇(鹿屋体育大学)

 小山 勝弘(山梨大学)

 向井 幹博(講道館)

 小志田 憲一(講道館)

 森 英也(群馬県立安中総合学園高等学校)

 與儀 幸朝(鹿児島大学)

 高橋 健司(東京都練馬区立貫井中学校)

 石井 孝法(了徳寺大学)

 田中 裕之(全日本柔道連盟)

 竹澤 稔裕(順天堂大学)

 鮫島 康太(筑波大学附属高等学校)

 Joop Pauel(Nova College CIOS Haarlem)

 

◇UK 法から見た柔道オリンピック代表選手の精神的特徴:戦績別の分析

 内村 直也(大阪産業大学)

 横山 喬之(摂南大学)

 齋藤 正俊(神戸親和女子大学)

 石川 美久(大阪教育大学)

 保井智香子(立命館大学)

 東山 明子(大阪商業大学)

 
 以上です。なお、論文のWeb公開は、講道館柔道科学研究会の前委員長である故村田直樹氏(2020年4月逝去)の発案で始まりました。故人の優れた先見性と研究への情熱に深甚なる感謝を表すると共に、改めてご冥福をお祈り申し上げます。

最新記事

月別アーカイブ