HOME > ニュース > 2月8日以降の講道館における稽古について (2月5日更新)

2月8日以降の講道館における稽古について (2月5日更新)

1. 稽古方針

 ・道場での稽古を2月7日(日)まで休止し、2月8日(月)から再開する

 ・2月8日(月)からの稽古については、

  状況をみながら練習段階「1-B」もしくは「2-A」にて行う

   ※別紙「講道館での練習内容及び練習段階」参照

 ・組むことを希望しない方は、単独での稽古とする

 ・2月8日以降も、当面の間、火曜日と金曜日の「形研修部」は休止とする

 ・状況に応じて稽古の条件、内容は変更していく

 

2. 稽古対象者及び参加条件

 ・講道館修行者を対象とする

 ・稽古方針及び条件を確認・承諾した者(未成年者は保護者の承認が必要)

 ・37.0℃以上の発熱のない者、咳、痰などの呼吸器疾患の症状がない者

 ・同居の家族等に感染者及び感染者と濃厚接触した者がいないこと

 ・「健康観察カード」のチェック項目に該当しないこと

 

3. 2月の道場費・授業料について

 ・1月の道場費・授業料をお支払いいただいた方に関しては、2月分へ充当する

 ・2月の道場費・授業料は通常の料金とする

 

4. 稽古時間及び使用道場

 ・少年部の稽古は、1部・2部のどちらかを選ぶものとする

 ・使用道場は日によって異なるため、来館時に確認すること

 20210205135913716_0001.jpg

  

5.稽古参加時の必要事項

 ・参加者は全員、別紙「健康観察カード」を記入し、4F受付でチェックを受ける

 ・新館4F受付にて検温(非接触式赤外線体温計→37.0℃を超える場合は腋下体温計で再検温)

 ・手洗いうがい及び手の消毒の実施(受付及び各道場入口)

 ・相手と組む練習をした場合は、健康観察カードに相手を記録する

  *「健康観察カード」男子女子少年幼年一般

 

6.稽古について

  稽古方針に従い、下記の条件にて行う

 ・参加人数を制限する(密な環境にならないように配慮、調整をする)

 ・柔道衣に更衣して行う

 ・マスクを着用する(各自で準備すること)

 ・道場・更衣室等の窓・ドアを開放し、換気を徹底する

 ・冷水機は使用しない(飲み物は各自で準備し持参すること)

 ・更衣は指定された場所で行い、荷物は各道場に持参する(※更衣室ロッカーは使用しない)

 ・来館時間は、クラス開始の15分前以降を目途とし、滞在時間を最小限に留めること

 ・少年部(男子)の更衣は、7階大道場で行う

 

7.その他

 ・8階及び各道場で稽古を観覧する場合は、十分な間隔を空け、会話等控えること

 ・玄関、更衣室入り口などは常時開放しておく

 ・館内の消毒(道場、更衣室、トイレ、ドアノブ、エレベーター等)を徹底する

 ・シャワーを使用される方で貴重品の管理が必要な場合は、更衣室内のロッカーは使用せず、  

  受付前のロッカーを使用すること

 ・浴槽、ジム設備は使用禁止

 ・更衣時、水分補給時等、マスクを外す際には、周りの者との距離、発声に特に注意すること

 ・汗をかいたときでも顔(目、鼻、口)に触らないように意識し徹底すること

 ・くしゃみをした場合、トイレの後、相手と組む際等、適切なタイミングで消毒を実施すること

 ・新型コロナウイルスに感染、もしくは疑いのある者は速やかに道場指導部に連絡すること

最新記事

月別アーカイブ