HOME > ニュース > 「日アセアン JITA-KYOEI PROJECT」オンライン国際セミナー2020始まる

「日アセアン JITA-KYOEI PROJECT」オンライン国際セミナー2020始まる

Jitakyoei logo.jpg

 

「日アセアン JITA-KYOEI PROJECT」の一環として実施されている国際セミナーが、12月7日(月)よりオンラインで始まりました。

 

国際交流基金アジアセンターと講道館は、平成29年度から、アセアン各国指導者の受入れ、日本からの指導者派遣による技術指導、教材作成等を通して、交流強化、人材育成、ネットワーク構築の促進を目指す、アセアン全域を対象とした柔道交流事業「日アセアンJITA-KYOEI PROJECT」を共催で展開しております。

国際交流基金アジアセンターHP

  

Orientaion 12_7.jpg

 

今年度はコロナ禍の影響で、講道館に各国コーチを招へいし行ってきた本国際セミナーを対面からオンラインに形態を変更し開催することとしました。セミナーの受講者は平成29年、平成30年、令和元年の本国際セミナーで講道館に招待したアセアン 10ヵ国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ)の若手指導者を対象とし、彼らへのフォローアップセミナーとしました。

 

セミナースケジュール

12月7日(月)         オリエンテーション

12月8日(火)- 1月17日(日) E-learning

1月18日(月)- 1月23日(土) Liveセミナー

1月25日(月)         修了式

 

オリエンテーション (2).jpgオリエンテーション (1).jpg

 

E-learningでは、受講者が講道館から配信される形、技、講義、日本国内の大会等を各自視聴する形で自己学習を行う予定です。Liveセミナーでは講道館の講師と受講者がオンラインでつながり、E-learningで学んだ技術、知識をさらに深める予定です。また、1月23日(土)にはアセアン各国の道場と講道館をつなぎ、11か国の子供たちが一緒に「Kodomo-no-kata」を学ぶ機会も計画しています。

最新記事

月別アーカイブ