HOME > ニュース > 7月1日以降の講道館における稽古について

7月1日以降の講道館における稽古について

7月1日(水)以降の講道館における稽古について、以下のように決定しました。

これまで学校講道館(男子・女子・少年)は、修行者と職員・指導員の健康と安全を第一に考え、徹底した感染症防止策のもと、本格的稽古に臨む前の準備期間と考えて稽古を行ってきましたが、この稽古体制は、7月4日(土)まで継続させて頂きます。(7月2日(木)からの暑中稽古は、8月に延期)

 また、学校講道館(男子・女子・少年)に加え、一般稽古も7月1日(水)から再開いたします。

但し、一般稽古も7月4日(土)までは、準備期間として1時間程度の練習に制限します。

7月6日(月)からは、稽古日・稽古時間について終了時間以外通常に戻しますが、8月1日(土)までは参加人数・稽古内容について下記のように制限させて頂きます。皆さま方には、引き続きご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 今後、状況に応じて稽古の条件、内容を変更する可能性がございます。その際は、HP上にて改めてお知らせいたします。

 

1. 稽古方針

・7月4日(土)までは、本格的稽古に臨む前の準備期間とし、乱取稽古は行わず、1時間程度の練習とする

・7月6日(月)-8月1日(土)の稽古についても、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染防止を第一とし、参加人数を制限しマスクを使用しての稽古を原則とする

・密閉・密集・密接を可能な限り避け、組んで行う時間を短くし、指導員の指示に従って飛沫による感染をできる限り防ぐことのできる内容で稽古を行う

 

2. 稽古対象者及び参加条件

・全講道館修行者を対象とする

・稽古方針及び条件を確認・承諾した者(未成年者は保護者の承認が必要)

・37.0℃以上の発熱のない者、咳、痰などの呼吸器疾患の症状がない者

・同居の家族等に感染者及び感染者と濃厚接触した者がいないこと

・「健康観察カード」のチェック項目に該当しないこと

3. 7月以降の道場費・授業料について

・7月以降の道場費・授業料は通常の料金とする

・暑中稽古(8月20日-29日)のみの参加は2,200円

4. 稽古時間及び使用道場

・8月1日(土)までの少年部の稽古は、1部・2部のどちらかを選ぶものとする

・使用道場は日によって異なるため、来館時に確認すること

 

keiko0701.jpg

 

5.稽古参加時の必要事項

・参加者は全員、別紙「健康観察カード」を記入し、4F受付でチェックを受ける

・新館4F受付にて検温(非接触式赤外線体温計 → 腋下体温計)

・手洗いうがい及び手の消毒の実施(受付及び各道場入口)

 

6.稽古について

  稽古方針に従い、下記の条件にて行う

・参加人数を制限する

・柔道衣を着用する

・マスクを着用する(各自で準備すること)

・道場・更衣室等の窓・ドアを開放し、換気を徹底する

・冷水機は使用しない

・更衣は指定された場所で行い、荷物は各道場に持参する(※更衣室ロッカーは使用しない)

 

7.その他

・8階及び各道場で稽古を観覧する場合は、十分な間隔をあけて行う

・玄関、更衣室入り口などは常時開放しておく

・館内の消毒(道場、更衣室、トイレ、ドアノブ、エレベーター)を徹底して行う

・トイレには使い捨てペーパーを設置

・シャワーを使用される方で貴重品の管理が必要な場合は、更衣室内のロッカーを使用せず、  受付前のロッカーを使用すること

・浴槽は使用不可

・ジムは使用禁止とする

・新型コロナウイルスに感染、もしくは疑いのある者は速やかに道場指導部に連絡すること

最新記事

月別アーカイブ