HOME > ニュース > 講道館大阪における稽古段階変更について(2020年7月2日から)

講道館大阪における稽古段階変更について(2020年7月2日から)

講道館大阪では、大阪府の状況の感染状況を考慮し、7月2日(木)から、稽古段階の変更を行います。

修行者の皆様と職員・指導員の健康と安全を第一に考え、徹底した感染症防止対策を行い慎重に稽古を行います。皆様方には、さまざまなご不便をおかけすることになると思いますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

今後、状況に応じて稽古の条件、内容を変更させて頂く可能性がございます。

その際は、HP上にて改めてお知らせいたします。

 

1.稽古方針 

新型コロナウイルス感染症の感染防止を第一とし、密閉、密集、密接を避け、互いの間隔をあけての単独練習、または2人組でのトレーニングおよび立技・寝技の打込み、短時間の乱取稽古とする。

2.稽古参加者及び参加条件

 ・講道館大阪の入門生である事

 ・稽古方針及び条件を確認・承諾した者(未成年者は保護者の承認が必要)

 ・講道館大阪の定める健康記録表のチェック項目に該当しないこと

 ・過去14日以内に以下の条件に当てはまらないこと

   海外渡航した者

   海外渡航者に接触した者

   感染者もしくは感染を強く疑われる者に接触した者

   不特定多数が集まる場所(公園や娯楽施設など人が密集する場所)に行った者

3.稽古時間

 月-土(水、祝日を除く) 

 17:00-18:00 少年1部

 18:00-19:30 少年2部・一般部

 土     

 18:00-19:30 女子部

  *小学生に関しては少年1部か2部どちらかの稽古を選択して参加する事

4.稽古参加時の必要事項

 ・参加者は全員、「健康記録表」を記入し、事務所にてチェックを受ける

 ・家庭での検温を忘れた場合は、参加できない

 ・手洗いうがい及び手、足の消毒の実施(道場入口)

5.稽古について

稽古方針に従い、下記の条件にて行う

 ・道場使用人数を制限する

 ・2メートルの衛生上安全な距離を保つ(4m範囲内に2名まで)

 ・道場・更衣室等の窓・ドアを開放し、換気を徹底する

 ・道場では速やかに指定区画に入りみだりに会話や集まったりせず、

  稽古終了後は直ちに帰宅する

6.その他

 ・保護者の観覧に関して、観覧が必要な場合はマスク着用の上、

  十分な距離をあけて極力会話をしない

  (各椅子に一家族のみとする)

 ・玄関、更衣室入り口などは常時開放しておく(更衣室が外から覗けない配慮はします)

 ・館内の消毒(道場、更衣室、トイレ、ドアノブ)を徹底して行う

 ・トイレには使い捨てペーパーを設置し、使用トイレを制限する

 ・シャワーは使用不可

最新記事

月別アーカイブ