HOME > ニュース > 令和元年 春季紅白試合が行われました

令和元年 春季紅白試合が行われました

講道館伝統の春季紅白試合は、令和元年6月2日(日)、講道館で盛大に開催されました。

約500名の申込みがあり、

男子の部・女子の部・少年の部でそれぞれ勝ち抜き戦が行われました。

男子の部は紅軍の勝ち、女子の部は白軍の勝ち、少年の部は紅軍の勝ちとなりました。

  

紅白試合は、所定の勝ち抜き数を達成すると、

修業年限に関わらず即日昇段できる「抜群昇段」という制度があります。
今回の紅白試合では、5名が抜群昇段を果しました。

 

影浦 力 05.JPG

弐段から参段へ 影浦 力(東海大学)

 

辻 湧斗 02.JPG

弐段から参段へ 辻 湧斗(東海大学)

 

原 伸之介 03.JPG

弐段から参段へ 原 伸之介(東海大学)

 

池田紗也 08.JPG

女子初段から女子弐段へ 池田紗也(国士舘大学)

 

佐藤みずほ 02.JPG

女子弐段から女子参段へ 佐藤みずほ(三井住友海上)

 

KDK_6180.JPG

男子の部

 

KDK_5705.JPG

女子の部

 

KDK_5132.JPG

少年の部

 

KDK_6308.JPG

男子は紅軍が優勝し、上村春樹講道館長から優勝旗を授与されました。

  

試合結果などの詳細は、「柔道」7月号に掲載予定です。

ぜひ、ご覧下さい。

最新記事

月別アーカイブ