HOME > ニュース > 「日アセアン JITA-KYOEI PROJECT」国際セミナー2018始まる

「日アセアン JITA-KYOEI PROJECT」国際セミナー2018始まる

日ア自他共栄PJロゴ.jpg

「日アセアン JITA-KYOEI PROJECT」の一環として実施されている国際セミナーが、9月4日(火)から始まりました。

 

アセアン2018-1.JPG

国際交流基金アジアセンターと講道館は、昨年度から3年間、アセアン各国指導者の受入れ、日本からの指導者派遣による技術指導及び講義、教材作成等を通して、交流強化、人材育成、ネットワーク構築の促進を目指す、アセアン全域を対象とした 本格的な柔道交流事業「日アセアンJITA-KYOEI PROJECT」を展開しております。国際交流基金アジアセンターHP:http://jfac.jp/culture/dictionary/jita-kyoei/

 

アセアン2018-2.JPG

2018年9月4日から、アセアン 9か国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)の若手指導者を日本に招へいし、柔道の理論と技術を習得する合宿形式のセミナーが開始されました。

 

アセアン2018-3.JPG

本セミナーは、各国において将来指導的立場に立つ若手指導者に対して、正しい講道館柔道の理論と技術に関する教育を行い、指導者として必要な教養を具え、柔道指導の基礎が確立した資質の高い指導者を養成、また、これにより各国における正しい講道館柔道の指導を充実させ、世界における講道館柔道の健全な発展を図る目的で実施されています。

また、同時に開催している青年海外協力隊補完研修は柔道隊員が任国で指導を行う際、相手国からの要請に的確に応えることができるよう、柔道の技能・知識等の向上の為に実施されています。

 

アセアン2018-4.JPG

セミナーは9月27日(木)までの期間中実施され、研修生は、柔道の歴史、基礎、応用、形、指導法等、指導者として必要な柔道の精神や技術について、幅広く学びます。

 

アセアン2018-5.JPG

最新記事

月別アーカイブ