HOME > ニュース > 筑波大学大学院の集中授業が開講されました

筑波大学大学院の集中授業が開講されました

IMG_1583.JPG

 

4月14日(金)・15日(土)の2日間、講道館において筑波大学次世代健康スポーツ科学学位プログラム(博士後期課程)「国際ディベート合宿〜嘉納治五郎先生の足跡から読み解く次世代健康スポーツ科学の役割〜」が開講されました。筑波大学からは教員4名、大学院生11名の合計15名が参加しました。

 

初日は第4会議室にて筑波大学教員及び大学院生による研究発表と、村田直樹八段による講演が行われました。

 

最終日は大道場にて鮫島元成八段による実技指導が行われました。

 

IMG_1496.jpeg

村田直樹八段による講演

 

命綱.jpeg

鮫島元成八段による実技、「命綱」の説明

  

*概要*

【名称】 筑波大学国際ディベート合宿

     〜嘉納治五郎先生の足跡から読み解く次世代健康スポーツ科学の役割〜

【日程】 平成29年4月14日(金)・15日(土)

【場所】 講道館

【内容】

1. 講演:嘉納治五郎の思想と柔道について(図書資料部長 村田直樹)

2. 実技:柔道の技術について(道場指導部長 鮫島元成)

3. 議論:大学院生・教員による研究発表と議論 

※正式名称は筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻次世代健康スポーツ科学学位プログラム。現在、筑波大学では大学院の改組を進めている。本学位プログラムはそのモデル事業の1つであり、詳細は下記のHPにて掲載されている。

次世代健康スポーツ科学学位プログラム
IMG_1522.JPG

最新記事

月別アーカイブ